一人じゃできない熱狂を XFLAG Day 開催記念スペシャルトーク 株式会社ミクシィ代表取締役社長執行役員 木村 こうき x FC東京クラブコミュニケーター(CC) 石川 直宏 一人じゃできない熱狂を XFLAG Day 開催記念スペシャルトーク 株式会社ミクシィ代表取締役社長執行役員 木村 こうき x FC東京クラブコミュニケーター(CC) 石川 直宏

一人じゃできない熱狂を

石川:今シーズンからFC東京をサポートしていただき、本当にありがとうございます! 東京をサポートするきっかけは何かあったのでしょうか?

木村:首都・東京をホームタウンとするFC東京は、多くのファン・サポーターのみなさんに支えられ、Jリーグのクラブのなかで特に人気があるクラブのひとつです。FC東京とタッグと組み、ファン・サポーターのみなさんに喜んでいただけるおもしろい取り組みをしてみたいと思ったのがきっかけです。そして、私たちは、スポーツを“人と人のコミュニケーション”の延長線で捉えています。また、「みんなでワイワイと熱く盛り上がれる場所」を創出することが私たちの使命です。その「熱く盛り上がれる」という意味で、スポーツに大きな可能性を感じていますし、FC東京は日本のサッカー界、そして日本のスポーツ界も元気にさせる中核になれるポテンシャルを持つクラブだと思っています。今後いろいろとお話をお聞きしながら、全力でサポートしていくつもりです。

石川:ありがとうございます。「人と人がつながる」という意味で、コミュニケーションを軸に事業を展開されているXFLAGの理念と東京の理念に大きな共通点を感じます。

木村:自分もそう感じています。石川さんはなぜクラブコミュニケーターというお仕事をされているんですか?

石川:私は長く東京でプレーすることで、ファン・サポーターやスポンサーのみなさん、クラブスタッフなど、自分だけではないつながりをいろいろなところで感じて、それを自分の力にし、ピッチのなかで自分の想いを表現する喜びを感じていました。現役最後の約2年間はケガでJ1の試合に出場できませんでしたが、その間にいろいろな人と出会い、話をして、自分の想いがさらに強くなっていきました。最後に味スタのピッチの上でみなさんへ想いを表現したいという一心でトレーニングに励み、昨シーズンのJ1最終戦で自分のすべてを出し尽くすことができました。引退したこれからも「つながり」を大事にしながら、東京をもっと大きく、強くしていきたいと思っています。ですから、今シーズンからのクラブコミュニケーターとしての役割も自ら社長に申し出ました。今はプレーで自分の想いを表現することができないので、クラブコミュニケーターという立場として、色々な方とのコミュニケーションを通じて自分やクラブの想いを伝えるチャレンジをし続けていくつもりです。

木村:誰もができることではないと思います。やっぱり石川さんは漢気がありますね。FC東京のファン・サポーターのみなさん、こんな素晴らしいクラブコミュニケーターの方がいるチームは他にありません!FC東京さんからは発信しづらいと思いますので、私が代弁して言います。素晴らしいチームだと。そして、今シーズンのFC東京のサッカーは面白い!ぜひ、まだFC東京を見たことがないお友達や家族を誘って見に来てください!(カメラ目線)

石川:そう言っていただき、本当にありがたいです。しかし、サッカーに興味がない人にとって、スタジアムに来るハードルは高いんですよね。どのようなきっかけでスタジアムに来ていただけるのか。私たちもいろいろな努力をしているのですが…。

木村:本日の「XFLAG Day」では、小さなお子様でも楽しめるイベントを開催しています。今後、少しずつ新たなチャレンジをして、その効果が後々に出てくれると、私たちとしてもすごくやりがいを感じます。
※「XFLAG Day」は、7月27日(金)に終了いたしました。

石川:東京は、老若男女、いろいろな世代の方たちが楽しんで、一緒になって喜んで帰っていただけるような空間作りをずっと目指してきました。「XFLAG Day」のような新たな刺激がクラブに加わると、ファン・サポーターのみなさんだけではなく、クラブスタッフにも大きな刺激になります。その盛り上がりを感じた選手たちも「今度は自分たちが楽しませよう」という想いでプレーをするので、さらに味スタが一体感に包まれるでしょう。さまざまな立場の人間がコミュニケーションを密にしていきながら、その一体感を創り上げていきたいですね。

木村:ぜひ、私たちにも協力させてください。当社では、お客様に新しい体験価値を提供することを目指したライブエクスペリエンス領域の事業を展開しています。数万人規模のイベントの開催や、アニメや映画、YouTubeなどの動画といったたくさんのコンテンツを独自に開発・運用し、様々な切り口でお客様に楽しんでいただけるエンターテインメントの提供に取り組んでいます。特に、先日開催したイベント「XFLAG PARK」では、2日間で4万人を超えるお客様に来場いただきました。サーカスのようなパフォーマンスや音楽、eスポーツの大会など、様々なエンターテインメントを融合した空間をお届けし、お客様は大盛り上がりでした。そういった新しい価値体験のノウハウを活かして、FC東京がさらに魅力的なクラブになるお手伝いができればと考えています。

石川:今、クラブコミュニケーターという新たな立場になって、改めていろんなことを学びたいと思う自分がいます。自分がいろいろな場でチャレンジした結果、どのようなものが生まれるのか楽しみにしています。今回、木村社長にお話をうかがい、自分の理念を持ちながらいろいろなチャレンジをされている姿に大きな刺激を受けました。FC東京が強く、愛されるチームになるために、FC東京もいろんなことにチャレンジしていけるクラブでありたいと改めて感じました。

木村:FC東京は、ファン・サポーターのみなさんだけではなく、東京の企業、自治体など、多くの人たちが応援しているチームだと思うので、必ずいろいろなことが実現できるでしょう。私たちも微力ながらFC東京とともに歩んでいきたいと思っています。ぜひ一緒にやっていきましょう!

石川:お願いします!

※本記事は、7月27日(金)時点の内容となります。

Profile

石川 直宏

FC東京クラブコミュニケーター(CC)

2000年に横浜マリノスユースからトップチームへ昇格。2002年にFC東京へ移籍し、2003年には日本代表に招集され、2004年にU-23日本代表としてアテネ五輪に出場。ずばぬけたスピードによるドリブル突破と爽やかな笑顔で多くのファン・サポーターを魅了し続けた。2017年に現役を引退。現在はメディアなどで活躍しながら、FC東京クラブコミュニケーターとしてクラブの発展に尽力している。

木村 こうき

株式会社ミクシィ代表取締役社長執行役員

電気設備会社、携帯コンテンツ会社等を経て、2008年株式会社ミクシィに入社。ゲーム事業部にて「サンシャイン牧場」など多くのコミュニケーションゲームの運用コンサルティングを担当。その後モンスターストライクプロジェクトを立ち上げる。 2015年1月、当社執行役員就任。2015年6月、当社取締役就任。
2018年4月、当社執行役員スポーツ領域担当就任。(現任) 2018年6月、当社代表取締役就任。(現任)